文字サイズ:拡大標準

ようこそ生田緑地ばら苑へ

川崎市多摩区長尾2丁目8番1号ほか(旧 向ヶ丘遊園内)

ばら苑の風景(咲き乱れるバラの遠景写真)

ボランティア

ボランティア募集

生田緑地ばら苑は、ボランティアの皆様の協力によりバラの育成や施設内の管理を行っております。

来苑者の皆様へのサービスの充実はもちろんのこと、ボランティアの皆様も作業を通してバラの育成管理技術を習得でき、楽しみながらボランティア活動をしていただけます。

定期的に専門講師による指導を実施しておりますので、初めての方でも大丈夫です。皆様が楽しめるばら苑を一緒に作って行きませんか?

募集要件
活動日のうち、月2回以上を目安に参加可能な方
活動日
月曜を除く、平日及び土曜・日曜のうち、月12回前後
活動時間
午前10時から午前12時まで(希望者は午後1時から3時までの活動も可能)
活動期間
毎年7月から翌年6月まで(希望者は継続可能)
作業内容
バラの育成管理(除草、芽かき、凋花切り、牛糞撒き、中耕、施肥、側蕾取り、剪定など)
ばら苑及び周辺の維持管理(除草、芝生管理、樹木管理、清掃など)
開苑期間中の業務(来苑者の受付及び来苑者数の把握、募金の受付など)
スタッフ
生田緑地ばら苑 苑長
-
ボランティア指導育成専門講師
長田 武雄(公益財団法人 日本ばら会 代表理事) ほか
下記のスタッフ紹介(↓ジャンプ)もご覧ください。
報酬等
報酬及び交通費の支給はありません
保険
ボランティア活動中のケガ等は保険が適用されます
申込方法
ばら苑ボランティア登録申込書[PDFファイル:130KB](新しいページに開きます)
上記申込書に必要事項を記入の上、募集期間内に郵送またはファックスによりお申込みください
募集期間
[春]一般開放期間中〜6月末
[秋]一般開放期間中〜11月末
申込先
生田緑地ばら苑 宛
[郵送]〒214-0023 川崎市多摩区長尾2−8−1
[ファックス]044−978-5270
お問い合わせ
ばら苑管理事務所
電話:044-978-5270(月曜を除く)

スタッフ紹介

ボランティア指導育成専門講師
長田 武雄
公益財団法人 日本ばら会 代表理事

ボランティア指導育成専門講師 長田 武雄
  • 昭和4年生まれ
  • 昭和32年 東京工業大学大学院終了
  • 昭和49年 工学博士
  • 平成6年 世界バラ会連合副会長(〜平成14年)
  • 平成8年 財団法人日本ばら会 理事長
  • 平成14年 「世界バラ会議日本大会」実行会長(アジア初)、世界バラ会連合より「名誉大賞ゴールド・メダル」授与(日本人初)
  • 平成23年 「公益財団法人日本ばら会」認可 代表理事
  • 現在に至る。

ボランティア指導育成専門講師
大倉 茂
公益財団法人日本ばら会 常勤理事・上級指導員
生田緑地ばら会

ボランティア指導育成専門講師 大倉 茂

2007年よりばら苑のボランティアに参加して約10年、2016年4月よりボランティアの指導専門講師としてボランティアの皆さんの指導をすることになりました。

生田緑地ばら苑のばらの栽培管理はそのほとんどがボランティアの活動によるもので、日本ばら会のインストラクター資格を持つ者が8名、上級指導員は私を含め2名で、その知識と技術の向上は目を見張るものがあります。

しかしばら栽培は趣味の世界で、その方法は十人十色、それぞれが自分の考えで違った育て方をしているのが現状です。新しくボランティアに参加した人には誰もが違ったことをいうわけですから、ただ戸惑うばかりでどうしても消極的になってしまうことが多々あります。

私の指導方針は従来のHTを主体としたコンテスト用のばら栽培でなく、ローズガーデンで見にこられた方に楽しんでもらうために育てるばら作りを皆で考えること。

基本を遵守しながも、そこにガーデナーとしてのそれぞれのセンスを大事にすること。

ただ言われた通りに作業をするのではなく、何故そうしなければならないかと言った疑問に答えること。

年間の作業計画とその内容を考えて参加して下さるボランティアが予めその時期の作業内容が把握できるようにすること。

余裕を持って楽しくボランティア作業ができれば良いと考えています。

1本の完璧なばらを作るより、ばら苑に来られた方に花壇いっぱいの楽しいばらを作る。

生田緑地ばら苑でばら作りは難しいと思われている方に、身近で楽しいばら作りをいろいろな形で提案できればと思っています。

ボランティア会のご紹介

ボランティア活動を円滑に行うため、ボランティア登録者全員が所属する組織です。

ボランティア会の活動(芝の手入れをする様子)
心も体もリフレッシュできます。
生田緑地の緑に囲まれたばら苑は、「天空のばら苑」と呼ばれています。その中で、美しいバラに囲まれての作業はとても気持ちの良いものです。
豊富な作業を実地体験できます。
日本ばら会指導員の講習会、実地指導等、年間通しての作業が学べます。本の通りに育たないのがバラ栽培の難しさですが、いつでも講師の先生、ベテランボランティアさんの貴重なアドバイスを受けられます。
バラ好き仲間の輪が広がります。
薔薇は生き物ですから、活動(作業)は一年を通じてとなり、特に夏と冬など大変ですが、春と秋の開園時に来苑してくださる皆様に「憩いの場として楽しい思い出と薔薇への親しみ」を持ち帰っていただけるように「日本ばら会」の講師を迎えての講座や、ボランティア一同、勉強会もしています。

↑先頭へ戻る