生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑ロゴ
生田緑地ばら苑(旧向ヶ丘遊園内)神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号ほか
トップ 施設のご案内 ばら苑の歴史 バラ図鑑 ボランティア ばら苑へのアクセス ブログ
ばら苑の様子
トップ

ばら苑の歴史

「ばら苑」の歴史
「ばら苑」の想い出
「ばら苑」をめぐる5つの物語
アマツオトメの株元
50年の歴史を感じさせる頼もしいバラ(アマツオトメ)の株元
開苑に向けて育つバラ
春秋の開苑期間に向けて元気に育つバラたち
「ばら苑」の歴史

生田緑地ばら苑は、小田急向ヶ丘遊園の閉園に伴い、園内に整備されたばら苑を、存続を求める多くの市民の声に応え、2002年に川崎市が引き継いだものです。

生田緑地の中に位置する本ばら苑は、周囲を多摩丘陵の樹林地に囲まれ、360度の緑のパノラマと清涼な空気が体感できる「秘密の花園」として親しまれ、バラの開花時にあわせ、春と秋の年2回開苑しています。

本ばら苑の歴史は古く、開苑は1958年にさかのぼり、当時は「東洋一のばら苑」と賞されました。苑内にはバラ文化の豊かさを示す代表的な四季咲き大輪種(HT・ハイブリッドティー)、四季咲き中輪種(FL・フロリバンダ)や、つるバラ(CL・クライミングローズ)、四季咲き小輪種(Min・ミニチュア)などが植栽されております。これらのバラの育成管理については、多くの市民ボランティアによって支えられており、本ばら苑の特徴となっております。2008年、ばら苑開苑50周年を迎え、新たにイングリッシュローズコーナーを整備しました。

1927年

●向ヶ丘遊園地開園

1958年

●向ヶ丘遊園オープン開業30周年記念事業として「ばら苑」開園。バラの品種の多いことで、東洋一といわれました。また、池を配した造園の美しさも特徴。秩父宮妃殿下がご来苑

1959年

●開苑1周年を記念して高松宮妃殿下がご来苑

1977年

●フローラ像建立

2002年

●向ヶ丘遊園地閉園
●「ばら苑」存続を求める市民の声に応え、川崎市が維持管理を引継ぎ「生田緑地ばら苑」として春と秋に開苑を始める

2008年

●「ばら苑」50周年を迎え、春秋あわせて10万人近い来苑者に楽しんでいただいています。「ばら苑募金」を活用し、イングリッシュローズコーナーを設置

「ばら苑」の歴史
「ばら苑」の想い出
「ばら苑」をめぐる5つの物語

お問い合わせ生田緑地ポータルサイトへ川崎市ホームページへ
生田緑地ばら苑
Copyright© 2008- Ikuta Ryokuchi Rose Garden. All Rights Reserved.